アンドミニバスケットボールクラブ
トップページ お知らせ お問い合わせ

アンドジュニアバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

b.ballカップ

ファイル 60-1.jpgファイル 60-2.jpgファイル 60-3.jpg

3月20日に愛知高校とB.ballが主催で開かれているB.ballカップに参加させて頂きました。

&ジュニアにとって初めての大会で始まりの大会。ジュニアを立ち上げて、どうしたら良いか分からない時に手を差し伸べてくれた大会で私自身非常に気持ちが入っている大会です。

子供達に伝えた事は去年、一昨年とb.ballカップを優勝したのは努力し続けた先輩達で君たちはではない。君たちはまだ何も成し遂げていない。君たちのできる事を精一杯やりきる事が大事ですといい、試合に挑みました、
1試合目は城山中とでした。スタートからシュートが入りました。いいペースでシュートを打ってたのでよかったと思います。しかし、ディフェンスはワンパス速攻をやられ過ぎです。切り替えを早く戻る。ディフェンスポジション位置、声の掛け合えがまだまだでした。
2試合目はオリーブさんとでした。この試合の全ては上級生のイージーシュートを外し続けたこと。なので、後輩もシュートを外す。結果ディフェンスにも影響してしまう。上級生の君たちがチームムードを作ってるという事を意識しなさい。君たちが行動がチームを良くも悪くもすると思いなさい。
3試合はグリーンモンスターとの試合でした。今勢いのあるチームです。試合展開はお互いスピードバスケで早い展開からの点数の取り合い勝負でした。結果的になんとか勝ちましたが、最終クォーターの最後の2分の勢いはすごかったですね。こちらも気合を入れなおさないとと感じました。
決勝戦はEASTさんでした。試合前は緊張してましたね。緊張する試合を味わえるのは努力してきた人だけ!あとはその緊張感も楽しむだけ!!試合に送り出しました。気持ち入ったプレーが多く非常に良かったと思います。結果優勝出来ました。

新チームとして、初の優勝で&ジュニアとしては3連覇。非常嬉しい事です。しかし、勝ち負けの物差しで測るだけでなく、人として成長の物差しで測るのが大切です。常に努力し続け、常に意識し続け、常にやるべき事しっかりやり続ける。そうすれば結果は自ずとでます。頑張りましょう。

大会主催の関係者様に指導者の皆様、また大会運営をしていました保護者の皆様に高校生の皆様。素晴らしい大会に参加させて頂き、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

第3期生 卒団式

ファイル 59-1.jpgファイル 59-2.jpgファイル 59-3.jpg

第3期生卒団式を3月11日に行いました。

毎年この時期が来るのが寂しさと巣立ってく嬉しさの混在した気持ちでいます。去年の卒団式は仕事の関係で日本にいなく、メッセージだけでしたが、今回はちゃんと参加できてよかった。

桶ミニから見てきて、5年間。ホンマに一瞬でした。君達の中学3年間は一難去ったらまた一難。苦労の連続でしたね…けど、様々な壁をもがきながら努力し続けて、乗り越えて来た君達が最高にかっこよかったです!

バスケットボールを通して、人として成長。卒団式でも伝えましたが僕自身が君たちにバスケットボールを教える事で、人として成長出来ました。ありがとう。そして、君達も&ジュニアで学んだことは間違いなく君達の成長に繋がったと確信してます。これから先、何をするにおいても『人として成長』『感謝』を忘れないでください。そして、笑顔を絶やさず、全力で楽しんでください。

卒団生の保護者の皆様、指導者の皆様。私の様々な言動に御迷惑をおかけした時期もありました。それでも温かく対応してくださり、ありがとうございました。それがなければ僕の成長はなかったと思います。本当にありがとうございました。

高蔵杯

ファイル 58-1.jpg

先日2月25日.26日で高蔵高校主催の高蔵杯に参加させて頂きました。

1日目は予選リーグ。16チームが4リーグにわかれての2クォーターのリーグ戦で2日目が順位別の3クォーターのトーナメント戦でした。

高蔵杯での目標
1つ目はシュートを打つこと。オフェンスは試合に出る5人が5人ともシュートを狙う気持ちを持ち、一回のオフェンスで最低一回はシュートを打つ。オフェンスは常にシュートで終わること。
2つ目はディフェンスのちゃんとしたポジション位置。自分がディナイポジションなのかカバーポジションなのかを意識し、素早くポジションを取ること。ローテーションも素早く行うこと。
3つ目はリバウンド。オフェンスはシュート回数を増やすために、常にリバウンドを狙うこと。そしてディフェンスは相手のオフェンスを一回で終わらし、シュートチャンスを無くすこと。

大会全体的には強いチームがいるなかで第2位という結果だったのは良かったと思います。目標であったシュートも狙う気持ちがでてたし、ディフェンスも練習した事を意識してたと思います。けど、リバウンドはまだまだです。ディフェンス時に相手に7回もリバウンドを取られてては話になりませんね。リバウンドはスクリーンアウトで相手を押し出すことが先です。出来てないことを認め、しっかり日頃の練習で意識してください。

いつもお世話になってる高蔵高校のF先生をはじめ、参加していましたチームの先生達本当にありがとうございました。また大会運営を行っていた保護者に高校生の皆様本当にありがとうございました。

合同練習

2月18日、19日に&ジュニアの体験もかねた合同練習を二日間行いました。

スタートからジュニアの練習をしてくださいと言われて、内心大丈夫か?と思いながら、練習を始めていくと、やはり中学生の方が先にバテ出すという…笑
テスト明けだったので仕方ないですね。大会もあるので早く体力戻してください!

今回は中学生が小学生をマンツーマンで教えながら、練習を行う方式でやりました。小学生が出来ないのは中学生の教え方が下手くそ!っていうプレッシャーを与えた状況の中でよくやってたと思います。
この二日間で教える難しさ、伝える難しさが体験できたのではないかと思います。この経験を大切にしてください。

今回は参加して頂いた小学生の保護者の皆様グダグダな練習になってなかったか心配な気分でいっぱいでしたが、是非また体験に来てください。そして、ジュニアの保護者の皆様。指導者の皆様。いつもありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

甚目寺 BRAVE CUP 2016

ファイル 56-1.jpg

先日、甚目寺 BRAVE CUPにご参加致しました。
チームとしては、私が新監督としてやる初めての大会で、密かに緊張してた大会でした。
1日目は予選リーグでWizardsさんとBRAVEさんとの試合でした。
試合内容としては、簡単なミスやサボりが目立つないようでした。ドリブルミス、パスミス、キャッチミス、イージーシュートミス。そのミスをしてて、どうやってバスケやんねん!って感じでした。そして、結局三年生やキャプテン、副キャプテンに頼って助けてもらってるってイメージの試合でした。
2日目はMBCさんと応時スピリッツさんとの試合でした。
1日目に比べて、気持ちは入ってたと思います。練習で教えたディフェンスをやろうという意識やセンタープレーの意識があって良かったと思います。ただ、勝負所で人に頼って逃げることがあかんかったかな。厳しい状況下で自分がなんとかしてやる!という気持ちが大切だと思います。
2日間通して、チーム全体のレベルアップのために2年生の高学年の意識と1年生の強化、試合経験が大切なだとわかった身のある試合でした。

今回、甚目寺 BRAVE CUP に参加させて頂き、監督、保護者の皆様ありがとうござました。ミニバスでもお世話になってますので、今後ともよろしくお願いします。
また、他の参加されていた指導者の方々もありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。