アンドミニバスケットボールクラブ
トップページ お知らせ お問い合わせ

アンドジュニアバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

第25回愛知県ジュニアバスケットボール選手権大会(ベスト16戦)

ファイル 77-1.jpegファイル 77-2.jpeg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

12月3日愛知県ジュニアバスケットボール選手権決勝トーナメントがありました。予選を勝ち上がってきたチームだけが戦えるトーナメントの1回戦。自分自身なんとも言い難い緊張感と集中力がありました。

ベスト16をかけて、応時スピリッツとの対戦。夏の主催大会や応時杯と対戦しており、接戦で負けてる相手です。非常に良いセンターを中心に早い展開のバスケ、ハーフの時の安定のあるインサイドプレーと非常に強く、礼儀もしっかりしている良いチームです。前半から相手がリードし、それを追いかける戦いで、&バスケとしてはいつものペースでした。2人のエースのファール数や体力のペース配分も考慮しながら、タイムアウトや後退を行い、前半8点差で折り返し。後半開始からうちのシューターがスリーを1本決め、これを機に周りのスリーが入り出す。相手も確実に点数を取り、3クォーター終わりで点差変わらず。最終クォーターの始まりから終わりまでまさに乱打戦。どちらも引かない点の取り合いでした。終盤の残り2分切った時に2点差。このタイミングで1度逆転したいという気持ちを子供達に伝える。それに全ての子供達が集中。点を取る体制になってました。そして、この試合不発気味の&の点取りエースがドライブフェイントからのスリーポイントを決め、逆転!たまらず相手がタイムアウトを取った瞬間やったと思います。しかし、相手もこの後崩れず、点数を決め、再度逆転。残り20秒ぐらいでタイムアウト。ここ1番の時のセットプレーを指示。エースの1人がファールアウトしてしまったこともあるのか子供達は集中力がさらに上がってました。そして僕はコートに送り出す瞬間に子供達に変顔させる。そしてそれに全力で応える3年。最後のワンプレーを両足つりかけのキャプテンが確実に2点を決め、同点!延長戦に突入。
延長戦スタートにキャプテンが先制で2ゴールを決めるが、両足つりコートを一時離脱。
チームで必死にディフェンスをしてるが、相手に確実に決められる4点差まで広げられるが、うちのシューターが再び、スリーで1点差。最後キャプテンがコートに戻り、渾身の気持ちとプレーで2点をもぎ取って、逆転勝利しました。
子供達が人としてを大切にし、バスケット以外を事を真剣に取り組み、バスケットを楽しむ気持ち、チーム一人一人の笑顔が勝利に近づけたのだと思います。

この試合は僕のバスケ人生の中でに間違いなく1番と言える試合でした。こんな素晴らしい経験ができたのも、バスケットボールというスポーツを通して知り合った人たちのおかげと確信しています。ありがとうございます。勝ち進むという事は負けたチームの様々な気持ちを背負っていかなければならない。それがまた1つチームを、自分自身を成長させる事に繋がると信じてます。

第25回愛知県ジュニアバスケットボール選手権大会(予選リーグ)


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

ホームページの更新がかなり遅れてしまってました。本当に申し訳ありません。

11月26日に第25回愛知県ジュニアバスケットボール選手権大会(予選リーグ)がありました。ついに来ました。全てはこの大会のため!ジュニアにとって正式な大会は1つ。後も先にもなく今。
組み合わせもなかなかの激戦区。ベスト8まで行ける可能性が十分あるけど、予選を勝てない可能性も十分にある組み合わせでした。

大会の第1試合目の予選リーグで瀬戸ドリームスと対戦。この試合が全て!と指導者、子供達だけでなく、保護者も理解しており、&ジュニアの全ての人がしっかり準備してきました。試合はスタートから完璧な入り方。気持ちが入っているときのシュート力は圧巻です。前半でスリーを8本は決めました。しかし、相手も反撃のチャンスを伺いながら、離されないで点数を縮めてきます。後半は&のバスケであるディフェンス重視後の早い展開のオフェンス。相手行けると思った瞬間のワンパス速攻、相手が3点を決めた次には3点をやり返す。試合の流れの中の3年の勝負勘は流石でしたね。ベンチも常に声をかけて、チーム全体で集中してました。最後までその攻防が続き、見事に勝利しました。
この試合の1番はケガで離脱していた3年センターが少しだけでもコートに立たせてあげれた事。3年全員が試合に出れた事。それを行うために周りの人が支えてくれた事。本当にチームが一丸になっていると感じれました。

予選リーグでここまで盛り上がった試合はないのでは?と勝手に思ってしまうぐらい良い試合でした。瀬戸ドリームスのN監督や大会運営の皆様、本当にありがとうございます。

&交流会

11月18日に&主催の交流会を開催致しました。普段から仲良くしているチームだけでなく、今回は高校生も参加して頂いたことで、いつもと違う空気感で試合が行えました。

ジュニア選手権前という事もあるし、先週叱られた事もあり、3年生は気持ちが入っていて、その事は動きやプレーにも現れており、良かったです。逆に2年生一部以外全然動けておらず、3年とも合わせが全く…正直この時期に?と半分落ち込みましたが、半分はまだ修正出来る時間があって良かったって思いでした。
鳴海高校の試合は仮想瀬戸ドリームス。相手の早い展開で攻めと体格の良い選手のインサイドや1on1、そしてリバウンド。実際の試合で負けるパターンやと、ここをやられた時とかリバウンドの体の使い方とか色々修正ヶ所が浮き彫りになりました。
名古屋西高校との試合は&の早い展開からのオフェンスの攻め方、前からきびしいディフェンスからのカット速攻、アウトサイドのシュートと練習してきた事がしっかり出せた試合でした。しかし、肝心な時のゴール下やレイアップを外す。ディフェンスのローテーションが出来てない。こちらも色々と修正ヶ所が浮き彫りになりました。

今回忙しいこの時期に参加して頂いた中学生のチームに高校生のチームと本当にありがとうござます。新たに出会う素晴らしい先生達や日頃のからお世話になっている指導者と会話し、楽しんだ事は1日は私自身をまだまだ成長出来ると確信できた1日でした。

これからもよろしくお願いします。

第3回&杯

11月11日に第3回&杯を開催致しました。
皆様のご協力もあり、主催大会を何度か開催させて頂いていますが、未だに仕切るのは慣れませんね。

今回は試合内容は書きません。
それぐらい情けない事がありましたね。
人としてが全て!
保護者や指導者にあったら、挨拶するのは当たり前です。朝から挨拶は?と注意される。適当に後輩に任せ、自分たちでタイムスケジュールの確認しないで、オフシャルに来ない。心底情けないです。前回の応時杯からの今回。ホンマにやる気なくなりました。勝てばいいという考え方。バスケが出来ればそれでいいという考え方。実際はそんな考え方はないと思いますが、気の緩みが間違いなく、その考え方に近づいています。それが続くなら、久保田先生も僕も指導者を降ります。
気を引き締めてください。

今回ご参加して頂いたチームの指導者、保護者、子供達。全ての人にご迷惑をおかけしました。そして、参加して頂き、本当にありがとうございます。
これからも精進して行きますので、今後ともよろしくお願いします。

第30回応時杯

第30回応時杯

11月3日と4日で第30回応時杯に参加してきました。歴史ある大会であり、30年の節目の大会である今回。参加できた事を光栄に思います。かなりのチーム数が参加。そして他県からも参加しており、全国クラスの大会でした。応時スピリッツのH先生の人望の凄さですね。

1日目
予選リーグでは、甲南中学校と岩崎中学校と対戦。予選トーナメントは神若Jrとブルーイーグルスと対戦。イージーシュートミスやキャッチミスなどが目立ちましたね。チーム間のコミュニケーション不足もまだまだです。結果は2位通過でき、2日目は上位トーナメントに参加できますね!ここから毎週試合が続くこともあり、試合感覚がキープされてる事は良いことです。個人で、チームで1つ1つ修正していきましょう

2日目
1試合目箕輪中学校と対戦。1、2年のチームなのに、しっかりプレーをしており、さすが上位グループに入ってくるだけあるプレーしており、感心していました。君たちもしっかりしなければ、すぐ追い越されますよ。
2試合目は応時スピリッツと対戦。スタートはいいリズムで戦えてました。けど、後半は相手の対応にこちらがうまく対応できなく逆転。その後盛り返しはしたものの、一歩届かなかったですね。
3試合目は1日目でも戦った神若Jr。この日は監督さんが参加されており、チーム全体が引き締まってプレーされてました。試合もなんとか勝利。

今回、大会に参加させていただき本当にありがとうございます。ミニの時にお世話になった応時スピリッツの保護者とも久々に会話ができた事、懇親会で様々の方とお話しができた事全てが楽しい大会でした。ありがとうございました。

最後に、代表の久保田先生がチーム全体の緩みに関して子供達に話をしてました。自分自身が監督をやって、チームの見えてない部分を指摘された事が非常に良かったと感じてます。実際、私を含む現3年生の対応にところどころユルさを感じしてた事もあったので本当に良かった感じてます。これでチームがまた一つ上に上がれると感じました。ありがとうございます。