アンドミニバスケットボールクラブ
トップページ お知らせ お問い合わせ

アンドジュニアバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

GMカップ2017

ファイル 69-1.jpg

9月16日にGreenMonster主催のGMカップに参加して来ました。仲の良いチームや初対戦のチーム、レベルの高いチームが参加してました。

1試合目は初対戦のBBCJrでした。終始相手のロングパスの速攻にやられるっていう情けない試合でした。試合に出てる子は何も考えてへんのかな?って思うし、ベンチから指示の声を出してるのに、試合に出るとまたやられる。正直怒るのもアホらしかったですわ。
2試合目は普段から仲良くしてもらってるGreenMonsterでした。スタートからガンガンディフェンスしてくるで!って伝えたのに、プレッシャーにビビってミス。挙げ句の果ては練習してるディフェンスをするよ!って伝え、送り出したのに、しない。さすがに怒りました。なぜこの時期にそのディフェンスをやるかも伝えていたのに、やらない。なら、私は必要ないですね 。やります!って言ってからやるのは二流。そこに成長はないです。出来ることを全力で精一杯やり続けけないと成長につながりません。

決勝の3試合目はポラリスとの対戦でした。&Jrとしては結成年に選手権で対戦して以来。その時の試合を一言で表すと「惨敗」。なので、&Jrとしての軌跡がどのような結果に繋がってるかを確かめる試合でした。スタートは萎縮気味。相手の名前にビビってる感じで、二桁離された場面もあったけど、&らしい試合展開で後半追いつきました。最終相手の落ち着いたプレーでシュートを決められ、負けました。試合を通して、リバウンドがやはり弱いですね。チビが立って手を上げててもボールは取れません。そして、瞬間瞬間の切り替えの動きがまだ遅い。強いチームと戦うには一瞬が勝負のカギですよ!

今回大会に招待してくださったY監督夫妻、参加していました指導者の皆様、運営していた保護者の皆様ありがとうございました。&というチームが結成から確実に成長している事、指導方針等が間違っていないという自信、そして、まだまだチームの成長があることを実感しました。これからもよろしくお願いします。

第2回名女カップ

ファイル 68-1.jpgファイル 68-2.jpg

9月2日3日と名古屋女子大学高等学校で開催されました第2回名女カップに参加してきました。名古屋女子大学高等学校のG監督に名古屋女子大学中学校のH先生。去年に引き続き、ご招待ありがとうございます。
試合は4クォーター正式で1日目は12チームを4グループに分けての予選リーグ。ジュニア選手権でシードも持ってるチーム、今年良いと評判のチームも参加しており、気が抜けない試合になりそうでした。

予選リーグは1試合目は平成Jrとの対戦。スタートからシュートも打てて、得点になっていたので良かったと思います。しかし、3年の新点取り屋予定プレーヤーが後半全く…あなた達が点数を取らないとあかんのやで!そしてディフェンスは…ヒドい。ファールでしか止められていない。そのレベルやと試合ではつかえないです。普段の練習や試合で常に厳しく抜かれないディフェンスを練習しなさい。2試合目はISCJrとの対戦。相手のエースが好調やったってこともあり、終始相手のペース。この試合は誰1人として外のシュートが入らず。そのせいで全体のリズムまで狂ってしまい、焦る。焦るからシュートが入らない…うちのエースの1人が3クォーターと4クォーターを間違えてしまうぐらいに…それぐらい悪循環でした。そんな試合展開でも1試合目通して、やり続けた厳しいディフェンスとリバウンド、ルーズボールを取り切る努力し続けたことが君達が勝利した理由です。生産のプレーと言われるプレーを最後までやり切れる君たちは本当に人として強い。そして、一瞬のチャンスを掴み切った君たちは本当に上手くなったと感じています。

2日目は正式4クォーターの1位通過グループでの決勝トーナメントです。1試合目は神若クラブとの対戦。この試合が本日の全て!と子供達に言い聞かせ、試合に臨ませました。スタートはまずまず。離しては引き戻されを繰り返しす展開でしたが、最後までうちのシュートが入っており、勝利しました。結果この試合全体でスリーが二桁近く入っていました。また昼休憩に行われたスリーポイント大会にはうちのキャプテンが出場。決勝戦に残り、そして見事優勝!ホンマに集中した時のシュート率は上がってますね。それが普通になるように努力しましょう。
決勝戦はKピュアチャンプスとの対戦。集中はしており、良かった思いますが、無理なシュートや無茶なシュートを打たされました。当然シュートは入らない。厳しいディフェンスをされるのは当たり前でその状況からフリーを作り出し、シュートを狙うことが大切。ディフェンスももっと厳しく当たれる練習が必要ですね。負けや失敗から得られるものをどんなけ自分自身の成功に繋げることが出来るかが成長。指導者含むみんなで上に上がりましょう!

今回大会に参加させて頂き、ありがとうございました。教え子のYが楽しそうにしている姿を見て、元気をもらいました。2日間にわたって、大会を運営して頂いた名古屋女子大学高等学校のバスケ部の皆様、保護者の皆様ありがとうございました。そして大会に参加された指導者の皆様ありがとうございました。

&サマーカップin武豊総合体育館

ファイル 66-2.jpg

8月27日に&主催の&サマーカップを開催しました。&の子供達は合宿を合わせて3日間連続1日のまさに夏の最終にふさわしいバスケ漬け。今回はレギュラー部門とルーキー部門あり、ジュニア選手権を目標にしている三年主体のチームと新チームになった中学校や日頃試合に出てない1年2年チームの2部門の大会です。

ルーキー部門
&ルーキーズは川越中学校、あずま中学校とリーグ戦。そして、順位決定戦は飛島中学校と試合でした。3試合通してホンマに声が出てない。1つ1つのプレーが雑。あと、逃げ腰でプレーをしてる感じがありました。そんな中、綺麗なフォームと軌道でスリーを決めてた子達もいました。普段の部活やクラブの練習をどんなけ実際の試合とイメージして取り組んでるかが大事です。頑張りましょう。

レギュラー部門
予選リーグはRUNJrと豊橋西Jrと対戦。なぜその場面で声が出ないのか理解に苦しむ内容だったり、ディフェンスのカバーやローテーションを全く意識せずにボールマンばかりを見てしまったり…と思えば、スイッチアップからの早い展開での攻めや合宿で練習したアウトナンバーの展開を綺麗に決めたりと非常に波のある試合内容でした。常に高いレベルでのプレーを当たり前にしないとあかんよ。
決勝トーナメント1試合目は最近仲良くなったKLBと対戦。良いガードとセンターがいる軸がしっかりしてるチームです。試合内容はスタートやはりイマイチ…笑 いい流れの展開で試合をできてても、自分たちのミスで流れをカット。あげくは相手の低学年にやられる…情けない…

決勝トーナメント決勝戦は応時スピリッツとの対戦。礼儀正しく、バスケットだけでなく『人として』がしっかり出来てる強く良いチームです。やはり指導者のH先生の指導が素晴らしいと毎度感心させられます。試合は応時がリードし、それを追う展開。相手は早い速攻とセンターのハイローの上手い合わせを軸にしたバスケに対して、こちらは前から厳しくディフェンスし、アウトナンバーの早い展開でシュートを打つバスケ。強い相手に最大14点差に離れても、折れることなく集中し、3点差まで縮める粘り強さは他の指導者達からもさすが!と凄い評価を頂いてました。最後はスクリーンアウトの弱さと私の指示の正確な伝え方が敗因でした。この試合は外のシュートがここ最近の試合で1番入ってませんでした。やはりシュートの修正力を伸ばさないと強いチームとは戦えません。シュートが入るように打ち込みましょう!

今回参加して頂きましたチームの皆様本当にありがとうございました。これからも様々な場面でご迷惑等をおかけするかもですが、これからもよろしくお願いします。

今回、この大会でうちのチームの要である選手が1人ケガをしました。内容としては重症で選手権は間に合わない可能性が大です。
しかし、久保田先生がミニから伝えてきた『人として』が全て。バスケットボールというスポーツを取り上げられた時に何が君たち自身に残っているかが大切。それが財産。その財産を増やすのが成長です。自分1人ではいろいろな状況に立ち向かえないなら、親や仲間など様々な人に支えてもらえばいい!そして、乗り越え成長した後はその恩を少しずつでいいから一生かけて返せばいいと伝えました。
子供達に限らず、この状況は私自身にとっても間違いなく成長するきっかけになります。様々な状況でもチーム一丸となり、チームに関わる全ての人が笑顔になれるようにやれる事を精一杯やりたいと考えています。全力で楽しんでる子供達。それを支えている保護者の皆様。裏でチームを支えている久保田先生。これからも御指導御鞭撻のほどよろしくお願いします。

夏合宿in愛知野外教育センター

ファイル 65-1.jpgファイル 65-2.jpgファイル 65-3.jpgファイル 65-4.jpgファイル 65-5.jpg

8月25日26日の2日間で&ジュニアの夏合宿を行いました。合宿の始まりからいきなりの大波乱?!指導者が来ない。僕しかいない指導者が高速を降り損ねる大失敗!集合時間に5分遅れての到着で保護者、子供達に笑顔で迎えられました。ホンマに保護者、子供達にスタートからご迷惑をおかけしました。

合宿1日目
午前はファンダメンタルと1on1を中心に走らせました。春から夏にかけてジュニアでは1on1しかしてませんでしたが…やはり1on1。そこが出来なくてチームオフェンスもチームディフェンスもありません。徹底して基礎と1on1を行いました。昼は子供達みんなで輪になり昼ごはん。笑いながらなの食事。なんとなくチームの団結力が上がってる気がしました。午後はABに分けての段階別練習。スタートAチームは勉強。Bチームはドリブル、パス、シュートの基礎的トレーニングからのスリーメン。その後はBが勉強。Aチームがチームディフェンスの基盤と速攻の型のおさらいをしました。そして、全員集合で夜練。シュート練習をメインにアウトナンバー、切り替えの2vs2と3vs3を行いました。
そして、夜ご飯に花火。そして指導者と保護者の夜のミーティングと全力の1日目でした。

合宿2日目
朝起床後朝ご飯を食べ、久保田先生を見送り。いつもいつもありがとうございます。
2日目の練習は1日目の疲れもあると考え、チーム練習をメインとした意識練習。午前はファンダメンタルとシュート練習、アウトナンバー。スタートに話したのに、結局シュート練習中に無意識で打っており叱られる…うちは意識で勝つチームなんやで!2日目の昼は1年2年が1つの輪になり食事。3年は私と輪になり食事。そして、大事な決め事してました。午後練習のスタートは遅れながらも途中入団の1年生の4人のコードネーム決定。これで現メンバー全員コートネームが決定!午後練習内容としてはアウトナンバーとチームディフェンスローテーション。この時期から合わせの練習も必要になります。その前段階のアウトナンバーをしっかり決め切ることが大事ですよ。
山の中の体育館で普段より涼しいもののやはり夏。全員汗だくで練習してましたね。個人的に子供達とぐっと距離が縮まったと感じてます。君たちの素直さは間違いなく力。君たちの笑顔は間違いなく幸せを伝染させる。いつからか使い出してた流行語も君たちの日頃から努力し、成長し、感謝し、笑顔で過ごしてきた日々があったからこそ生まれたものではと思ってしまうぐらい!!

ホンマに良い時間を過ごせました。

2日間を通して、裏で支えてくださった保護者の皆様。久保田先生。ご迷惑をおかけした施設の皆様を含むジュニア関わってる全ての皆様。本当にありがとうございます。私含め子供達が精一杯バスケに取り組み、心から笑ってられるのは皆様のおかげでしかありません。これからもご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします。

&サマーチャレンジカップ

8月13日&サマーチャレンジカップ
8月13日に&主催のサマーチャレンジカップを開催しました。毎度ですが、代表がいない中、運営を私中心にやらないといけないというプレッシャーにあたふたしていました。そんな状況の中、御参加していただきましたチームの皆様本当にありがとうございました。

1試合目はACEジュニアとの試合でした。2年生以下のメンバーしかいないチームでしたが、非常に楽しそうに試合をやってる印象でした。試合内容はやはりスタートが…意識させても動きがイマイチ。
2試合目はwizardsジュニア。こちらの試合も1試合目同様動きが悪い。明らかに昨日の大会の疲れがあると確信し、メンバーをコロコロ変えての試合展開で二勝。

決勝リーグ1試合目はチームNAO。組み合わせの都合上相手チームが連戦となってしまい、チームNAOの上手な子供達も動きが鈍かったですね。次は万全の状態でやりたいです!
決勝リーグ2試合目は瀬戸ドリームス。あたりにも強く、スピードもある非常にバランスの良い強いチーム。スタートから一進一退の攻防。子供達は非常に集中しており、動きも良かったです。最後はこちらの勢い届かず。相手の安定したプレーに今回はやられました。個人的には新チームになって1番楽しかった試合です。レベルが均衡してる中、勝敗を分けたのはプレーの質。君たちの方が全体のプレーが雑でミスが多い。得点が止まった時間帯の対応力も必要やな。そして、私の指導者としての経験値がまだまだ足りないのも敗因の1つですね。ホンマにまだまだ伸び代があると実感しました。

今回参加して頂いたチームの子供達。監督の皆様。保護者の皆様。不慣れでつたない私のせいで最後の閉会式が雑になった事を心からお詫び申し上げます。自分自身周りの助けがあって、物事を行える事を再度実感しております。

これからもよろしくお願いします。

ページ移動