アンドミニバスケットボールクラブ
トップページ お知らせ お問い合わせ

アンドジュニアバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

&オータムエンジェルフェスティバル

10月28日、29日で&ジュニア主催のオータムエンジェルフェスティバルを開催しました。
体育館を提供して頂いたISE Jr.のW先生ありがとうございます。
今回は1日目が午前の部と午後の部で分かれており、リーグの予選後の順位決定戦。2日目は1日目の順位による決勝トーナメントでした。
1日目の1試合目は恵那Jr.と対戦。2試合目はJ.sphereの対戦でした。1試合目はまずまず動けてたと思います。スタートの試合はいつもイマイチな感じが多いですが、最近は動けてますね!良い事です。
2試合目は今年のチームになって1番挑戦せずに逃げた試合でした。試合前からビビり、プレッシャーにビビり、指導者の指示も聞こえないぐらい周りが見えていない。全員が全員引いた試合でした。
1日目の順位決定戦はチームNAOとの対戦でしたが、こちらの手配ミスで試合が行えませんでした。チームNAOの指導者、保護者、子供達本当に申し訳ありませんでした。

2日目決勝トーナメントの1回戦は三好Jr.と対戦。前日の1試合目は良かったのに、本日の1試合目はダメダメ。動けてませんでした。指導者として、子供達のムラのある気持ちや行動をどうしたらなくせるか考えて、行動しているつもりですが、なかなか上手く行きませんね。そもそも指導者に問題ありの可能性も…笑
2試合目はISE Jr.でした。9月に対戦以来の対戦でした。オフェンスの判断やディフェンスのローテーションなど、まだまだのところはたくさんありましたが、ちゃんと勝利。確実に前回の結果より成長していたことが見て取れて良かったです。
準決勝は1日目も対戦したJ.sphere。1日目に比べると格段に動きがよかったです。しかし、1日目の試合で出せない弱さは直さないとあかんね!
3位決定戦は先週にも対戦したMBC Jr.。先週勝ってるだけに負けられない戦いで、子供達にも気合を入れて、コートに送り出しました。全クォーターが一進一退の攻防で楽しい試合でした。最後は審判の配慮(笑)もあり、同点で終わりました。良い経験させてもらいました。
この2日間で子供達の成長が見れて本当に良い大会でした。後ろ向きで前に歩くのは難しい。目をつぶって歩くのは難しい。それと同じ!常に前を向き、焦らず冷静に視野を広げて、リングに向かって一歩出す。困難な状況で一歩前に出す事が成長に繋がります!
今回2日間&オータムエンジェルフェスティバルに参加して頂いたチームの皆様本当にありがとうございました。代表不在の中、周りに支えられている事の実感を再々感じております。これからもよろしくお願いします。

最後になりますが、大会の最後まで片付けをしっかり行いっていた&の君達。周りが嫌がることを進んで出来る事、それを最後までやりきる事。本当に強い子供達だと心から思いました。指導者として誇りです。これからも&の理念を忘れずに全力で楽しみましょう!

常滑市オータムフェスティバル

ファイル 71-1.jpeg

10月22日に常滑市オータムフェスティバル参加してきました。仲の良いチームや初めての対戦するチームがいたりと心躍る大会でした。
試合は8-1-8の2クォーター正式。予選は常滑Jr.と三泗Jr.と対戦しました。試合前の雰囲気がゆるいと保護者と心配してた中の試合でしたが、さすが3年。しっかり集中して、プレーをしてたと思います。しかし、試合中のちょっとしたミスや気の緩み等がありました。しっかり声を掛け合い、ミスを無くす!ミスを修正することが大事です。

決勝トーナメントは準決勝にMBCJr.でした。スタートから点の取り合いで1クォーター両チーム20点代…両エースのキレが凄かったですね。後半ディフェンスを粘り強く行い、リバウンド一生懸命取りに行き、攻防を必死に走って、見事に勝利。目に付きにくいところでしっかり活躍してる子供達が勝ち取った勝利だと思います。
決勝はフロンティア。お互いメンバーが揃っていない状態での試合の中、3年は途中集中力がきれてるのかなって場面ありましたが、コート内で声を掛け合い、集中力を補う場面があり、良かったです。結果は優勝。1年生や2年生も試合に出してあげれ、多くの経験が出来たと思います。1つ1つ自分自身の力に変え、前に進みましょう。

今回、台風の影響もあり、大変な状況の中、最後まで大会を運営して頂いた常滑Jr.の指導者、保護者の皆様。本当にありがとうございました。
また参加していた様々なチームの皆様もありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

&チャレンジカップin飛島学園中学校

ファイル 70-1.jpgファイル 70-2.jpg

9月17日に飛島学園中学校で&チャレンジカップを開催しました。会場を提供して頂いた飛島学園中のO先生本当にありがとうございます。

今回もジュニア主体のレギュラー部と2年、1年ら新チーム主体のルーキー戦からなる2部門のリーグ戦で行いました。

ルーキー戦はCoolBee(B)と多度中学校との対戦。普段試合を出してあげれない子達がメイン。試合経験を積んで、少しでもレベルアップしてほしいと思い、ルーキー戦を開いたのに…他人任せ。走らない。戻らない。サボる。これのどこに成長があるん?1つ1つ出来る事を頑張らないと…そんな中でも1年生が失敗しながらも、確実に上手になってるのを見れて嬉しかったです。全力でやっての失敗には後の輝きがある!自信を持ってやりなさい!!

レギュラー戦はCoolBee(A)と犬南Jr、B-collerJrと対戦しました。まだまだプレーに波がありますが、今回優秀選手賞を与えた2人。♯39のオフェンス時の体の使い方やアウトサイドのシュート力。♯16のリバウンドの意識とセンタープレー。ここ最近の試合を含め、自分自身がやらないと!少しでも上手くなりたい!という気持ちがプレーに出てる事が1番の理由です。しかし、ディフェンス、オフェンス共にまだ出来てないことがたくさんあるのも事実。優秀選手賞に甘んじることなく、さらなる成長をみせて下さい。チームとしても良い感じで、♯1のシュートのタッチも戻りつつあるし、3年生同士の試合に関するのコミュニケーションもあり、互いが意見を言って、考えてプレーしようとしており、確実にチームの質が上がってますね。

今回、台風の影響もあり、全日程を行えなず、ご迷惑おかけしたチームあると思います。また、会場である飛島学園中学校関係者にも急な状況にも関わらず御対応してもらいました。皆様本当にありがとうございます。これからも主催大会を開きたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。

GMカップ2017

ファイル 69-1.jpg

9月16日にGreenMonster主催のGMカップに参加して来ました。仲の良いチームや初対戦のチーム、レベルの高いチームが参加してました。

1試合目は初対戦のBBCJrでした。終始相手のロングパスの速攻にやられるっていう情けない試合でした。試合に出てる子は何も考えてへんのかな?って思うし、ベンチから指示の声を出してるのに、試合に出るとまたやられる。正直怒るのもアホらしかったですわ。
2試合目は普段から仲良くしてもらってるGreenMonsterでした。スタートからガンガンディフェンスしてくるで!って伝えたのに、プレッシャーにビビってミス。挙げ句の果ては練習してるディフェンスをするよ!って伝え、送り出したのに、しない。さすがに怒りました。なぜこの時期にそのディフェンスをやるかも伝えていたのに、やらない。なら、私は必要ないですね 。やります!って言ってからやるのは二流。そこに成長はないです。出来ることを全力で精一杯やり続けけないと成長につながりません。

決勝の3試合目はポラリスとの対戦でした。&Jrとしては結成年に選手権で対戦して以来。その時の試合を一言で表すと「惨敗」。なので、&Jrとしての軌跡がどのような結果に繋がってるかを確かめる試合でした。スタートは萎縮気味。相手の名前にビビってる感じで、二桁離された場面もあったけど、&らしい試合展開で後半追いつきました。最終相手の落ち着いたプレーでシュートを決められ、負けました。試合を通して、リバウンドがやはり弱いですね。チビが立って手を上げててもボールは取れません。そして、瞬間瞬間の切り替えの動きがまだ遅い。強いチームと戦うには一瞬が勝負のカギですよ!

今回大会に招待してくださったY監督夫妻、参加していました指導者の皆様、運営していた保護者の皆様ありがとうございました。&というチームが結成から確実に成長している事、指導方針等が間違っていないという自信、そして、まだまだチームの成長があることを実感しました。これからもよろしくお願いします。

第2回名女カップ

ファイル 68-1.jpgファイル 68-2.jpg

9月2日3日と名古屋女子大学高等学校で開催されました第2回名女カップに参加してきました。名古屋女子大学高等学校のG監督に名古屋女子大学中学校のH先生。去年に引き続き、ご招待ありがとうございます。
試合は4クォーター正式で1日目は12チームを4グループに分けての予選リーグ。ジュニア選手権でシードも持ってるチーム、今年良いと評判のチームも参加しており、気が抜けない試合になりそうでした。

予選リーグは1試合目は平成Jrとの対戦。スタートからシュートも打てて、得点になっていたので良かったと思います。しかし、3年の新点取り屋予定プレーヤーが後半全く…あなた達が点数を取らないとあかんのやで!そしてディフェンスは…ヒドい。ファールでしか止められていない。そのレベルやと試合ではつかえないです。普段の練習や試合で常に厳しく抜かれないディフェンスを練習しなさい。2試合目はISCJrとの対戦。相手のエースが好調やったってこともあり、終始相手のペース。この試合は誰1人として外のシュートが入らず。そのせいで全体のリズムまで狂ってしまい、焦る。焦るからシュートが入らない…うちのエースの1人が3クォーターと4クォーターを間違えてしまうぐらいに…それぐらい悪循環でした。そんな試合展開でも1試合目通して、やり続けた厳しいディフェンスとリバウンド、ルーズボールを取り切る努力し続けたことが君達が勝利した理由です。生産のプレーと言われるプレーを最後までやり切れる君たちは本当に人として強い。そして、一瞬のチャンスを掴み切った君たちは本当に上手くなったと感じています。

2日目は正式4クォーターの1位通過グループでの決勝トーナメントです。1試合目は神若クラブとの対戦。この試合が本日の全て!と子供達に言い聞かせ、試合に臨ませました。スタートはまずまず。離しては引き戻されを繰り返しす展開でしたが、最後までうちのシュートが入っており、勝利しました。結果この試合全体でスリーが二桁近く入っていました。また昼休憩に行われたスリーポイント大会にはうちのキャプテンが出場。決勝戦に残り、そして見事優勝!ホンマに集中した時のシュート率は上がってますね。それが普通になるように努力しましょう。
決勝戦はKピュアチャンプスとの対戦。集中はしており、良かった思いますが、無理なシュートや無茶なシュートを打たされました。当然シュートは入らない。厳しいディフェンスをされるのは当たり前でその状況からフリーを作り出し、シュートを狙うことが大切。ディフェンスももっと厳しく当たれる練習が必要ですね。負けや失敗から得られるものをどんなけ自分自身の成功に繋げることが出来るかが成長。指導者含むみんなで上に上がりましょう!

今回大会に参加させて頂き、ありがとうございました。教え子のYが楽しそうにしている姿を見て、元気をもらいました。2日間にわたって、大会を運営して頂いた名古屋女子大学高等学校のバスケ部の皆様、保護者の皆様ありがとうございました。そして大会に参加された指導者の皆様ありがとうございました。

ページ移動